日本製のこだわり

Made in Japan

Lagimusimの製品は全て日本製です。

paanibagの生地は東北地方でつくられています。

裁断と縫製は山梨県の工場でつくられています。

 

日本製のこだわり①

製作工程でゴミを減らす努力の徹底。

製品の寸法を考えるときに、"出来上がりが可愛いさ" "使い勝手の良さ" に加えて、 "生地幅" を意識をしています。

例えば、180cmの生地幅の4等分の幅にすることで、幅に対して余分な生地がほとんど無くなります。(赤く記した部分がゴミになってしまう部分で、生地の端や、生地の折り畳まれている部分です。)

また、バッグの持ち手部分で余ってしまう生地は、巾着やポーチにしたり、Flagや巾着等で使用する紐にする、などの工夫をして廃棄の生地がでない工夫を行っています。

 

日本製のこだわり②

つくりすぎない。バランス生産。

一概には言えませんが、人件費が安く低コストでつくれる海外工場では、大きな敷地に、多くの従業員を支え、徹底した効率化を目指していますので、数をこなさなければなりません。生産数量が多くなり、在庫を抱え、販売ノルマを抱えることになります。

国内生産といっても、少量生産への厳しさは変わりませんが、私たちはコミュニケーションでカバーできているように思います。

Lagimusimのバッグはカラーが豊富なのが魅力の1つですので、カラーに対して、少量生産できめ細やかな対応をしてくださるのは、日本らしさを感じます。

長いお付き合いをしたいという気持ちを伝えることで、工場さんがLagimusimを自分ごとに捉えてくださっているのを感じています

また、Lagimusimがどのぐらいの在庫を保有しているのか、販売状況、今年の見通しなどをお伝えすることで、つくりすぎを防止したり、工場の生産体制に無理が生じないように、販売状況と生産のバランスをとっています。

バランス生産という言葉はありませんが、大量でもなく、少量でもなく、バランスをとりながら生産するスタイルなので、バランス生産と呼ぶことにします。w

価格への疑問「大量生産は安くなるのか?」

Lagimusimの工場さんでは、1つのカラーを20個つくる時も、それが2000個になっても価格は変わりません。

理由は、1個と20個では手間が大きく変わりますが、20個と2000個では手間のかかり方は変わらないからです。

全自動機械ではありません、人がミシンを使って1つ1つ、つくっています。

1度きりのお付き合いでしたら、ブランドと工場さんが価格交渉して、何個で幾らという話になるでしょうけど、長いお付き合いをしていると、工場さんも一緒に、良いものをつくり、長期的な目線でバランスの取れる価格設定をしてくださっています。(バランス価格)

 

 

日本製のこだわり③

廃棄ゼロ。

バランス生産をしてくださっているので、無駄になる在庫はありません。

Lagimusimは、アパレルの常識である[シーズン毎に生産して売れ残りはセールして、それでも残れば廃棄]というスタイルをとっておりません。

確かに新作を出して楽しんでもらいたい気持ちもあるので、新作も出しますが、渾身の力作1つ出せればいいな、というスタンスです。

長く愛される、いいものを。

食品と違って腐ることはありませんが、それでも物にも鮮度があります。鮮度を意識すると、どんどん新しいものをという考えになりますが、どんどん新しいものをと思ってつくる物ほど鮮度を保つ期間が短いように感じます。

時間をかけてじっくりと1つ1つの商品を知ってもらう、しっかりと伝えることを意識しています。

 

 

 

日本製のこだわり④

日本品質。

例えば、paanibagはリバーシブル仕様ですが、角と角を縫い付ける提案をしてくださったのは工場さんです。リバーシブルをしやすいように且つ見た目も良いということで、(自分たちの工程は増えてしまうのにも関わらず)常により良い提案を探ってくださいます。

日本製品であるプライド、それはLagimusimの私たちよりも工場さんの意識がとても高いと感じています。2019年度の日本に流通する服のうち国産品の割合はわずか2.0%です。取引先が海外生産に切り替えてしまう経験や、仲間の工場が廃業してしまったり、色々と厳しいお話しをお聞きしますが、そうした経験が「日本品質」への誇りと繋がっているように感じています。

実際に手を動かしてつくる方の意識が、そのままクオリティーに反映されます。Lagimusimは縫製の難しい生地を選ぶことが多いので、より反映される製品だと思います。

 

 

Close (esc)

Popup

このポップアップを使用して、メーリングリストのサインアップフォームを埋め込みます。または、製品またはページへのリンクを使用した単純な行動を促すフレーズとして使用します。

Age verification

Enterキーを押すと、アルコールを摂取するのに十分な年齢であることを確認できます。

Search

Shopping Cart

Your cart is currently empty.
Shop now
English